麻酔科の医師求人サイトを徹底調査!

HOME » 経験者が語る~麻酔科医の転職体験談~ » 満足のいくポストを求めて(麻酔科→麻酔科)

満足のいくポストを求めて(麻酔科→麻酔科)

満足のいくポストを求めて麻酔科医へ転職した人の体験談や、役職に重点を置いた転職のポイントなどを紹介しています。

麻酔科医の転職体験談~役職・ポスト編~

男性医師 38歳 将来のポスト等に不安を感じ転職

大学派遣病院にて麻酔科医長として勤務していましたが、医局内に十分医師がいることなどを考え、早いうちに自らの新天地を求めることを決意しました。

始めは、自分自身で新しい勤務先病院を探しましたが、なかなか思うようには進展せず、人材紹介会社に登録しました。

登録後、1週間位で求人案件を紹介して頂き、面接まで完了!希望時期に転職することが出来ました

将来の展望が見えなくなり大学病院から総合病院へ

長いこと大学医局に勤めていて高まってきたのが、医師としての将来像が描きにくくなってきたので、医局都合ではない新たな可能性を求めて転職することにしました。

転職先は、医局とは無関係のところにしたかったので、医師求人サイトに登録、3ヶ月程で給与も含め満足できる条件の現在の勤務先を紹介して頂き、思ったよりも、すぐに良い条件の病院を紹介してくれたので感謝しています。

役職に重点を置いた転職のポイント

  • 大学病院や総合病院を探してみる

役職ある立場になりたいと考えたときには、診療所やクリニックなどの小規模な病院よりも、大学病院などの大きな医療機関はドクターも組織として動いていますので、役職が得られるケースが高いようです。

  • 求人サイトのコンサルタントをフル活用

公に公開されている求人情報には、役職付きと掲載してしまうと、求人が殺到してしまうので、記載していないケースも多く、そういった情報は全てコンサルタントから教えてもらえます。希望する条件を伝えることで、現状よりも待遇や条件の良い案件を教えてもらえるはずです。

転職することで、何らかの管理職など医師としての役職がある立場を目指せば、おのずと給与も高くなり、今までなかった手当などを受け取ることも可能となり、結果として収入アップへと繋がることもあるようです。

転職を決意したのであれば、収入・キャリアともにより良い条件で転職できるように、医師求人サイトを活用してみることをオススメします。

 

 
転職・アルバイトのための医師求人サイトnavi【麻酔科編】